利用者のニーズ

みんな、どういう時にキャッシングを利用するのでしょう?

わりとよく聞くのが、一時的に足りない生活費を補填する目的での利用です。
旅行計画を立てたけれども、資金が部分的に不足している、など。
事故や病気などのとき、支払いが急で、融資を必要とする場合。
自営業者は、帳簿上黒字でも、売掛金の回収が遅れるなどの場合、ビジネスローンで賞与や経費を確保するために。
友人や知人・親戚の冠婚葬祭が一ヶ月に続いて、お財布が苦しくなったりした場合も・・・。
友人の結婚式が続くのは、本人が独身の場合、悔しい上にお財布へのダメージも・・・。

いずれの場合にせよ、やはり利用するのは計画的に、というのがポイントです。

キャッシングで即日融資のための必要書類

身分証明書と、場合によっては収入を証明できる書類が必要になります。
信販会社・銀行グループ企業・銀行直営・消費者金融専門・IT企業など、商品の提供元によって商品の特性は変わってきます。

以下のうちどれかが必要となります。
パスポート(所持人記載欄と写真掲載欄)・運転免許証(裏面に変更情報があるときは裏面も)・住民票の写し・各種保険証(住所が記載された頁)・外国人登録証明書(外国人の方は必須)。
いずれも、有効期限内のものであることが必要です。

また、審査の進み具合や、50万円以上の融資の場合、以下のような収入証明書が必要になるときがあります。
勤めている人は、課税証明・源泉徴収票・給与明細などなど。
自営業の人の場合、税額通知書・課税証明(所得証明)・確定申告・所得証明書などの写しのいずれか。
迅速な融資を受けるためには、こうした必要書類の事前準備も大事な要素です。

キャッシングとは

当サイトでは、キャッシングで即日融資を受けたい!というニーズに答えるキャッシング商品を管理人が厳選して紹介しています。

キャッシングで即日融資!豆知識:キャッシングとは?

最近、使途が自由な、消費者向けの無担保での融資のことをキャッシングといいます。
フリーローン・カードローンという言い方をする場合もありますが、呼び名が違うだけで同じ形態の金融商品です。

つまり、担保その他を必要とする企業への融資とは違い、個人の消費者の必要をみたす無担保ローンです。
こうした無担保ローンを提供しているのは、キャッシングを専門とする消費者金融会社、信販会社などのほかに、銀行などの個人向けカードローン部門や、キャッシングを専門とする消費者金融会社がこうした金融商品を提供しています。

ネットのみで無担保ローンのサービスを提供し、低金利のサービスを提供する会社も増えており、IT系キャッシングなどと呼ばれています。

キャッシング・無担保ローン・フリーローンの特性・売り・強みも、それを提供する会社の性格(信販系・銀行系・消費者金融系・IT系)によって違いが出てきます。これらは、各社の営業ポジショニングによって変わってきます。

たとえば、IT系キャッシングでよくいわれるのが、ネット専門であるために全国に店舗や無人契約機を展開することがなく、その人件費・設備費のぶんだけ金利が安いことがあげられます。

また一方では、消費者金融系の各社のキャッシングサービスでは、手軽に迅速に借りられることを武器にしており、その分迅速に審査できる小額融資では金利的にも大口の銀行系サービスなどに負けない融資を展開しています。
他方、カードローンやキャッシングサービスのうち、いわゆる銀行系は、やはり低金利や300万円〜500万円のフリーローンの提供という大口融資が売りですが、そのぶん貸し出し・融資の審査はやや厳しいという感じです。

顧客属性といわれる、顧客の勤続年数や、職業・年齢などによっても、利用可能額や利息のパーセンテージなどが変化することが多く、こうした顧客属性によるキャッシングサービスの利用可能な特徴の変化にも注意が必要です。
一例として、借り入れ時の審査も比較的スムーズにいく職業として、安定した返済が期待できる公務員などは有利に進むということもあるようです。

大切なこととして、カードローン・キャッシング利用時には、各会社の特性やキャッシング商品の特性だけでなく、こうした顧客属性の重要性も認識して、利用することです。

貸金業者登録番号について

キャッシング・ローンなどを選ぶときに、その会社が貸金業者登録番号を持っているかは確認しましょう。
キャッシング等の貸金業を提供する企業は、政府もしくは管轄都道府県に届け出て、貸金業者登録番号を取得することが義務付けられています。

都道府県知事への申請は、営業範囲が1都道府県内におさまる場合に行います。
複数の都道府県にまたがって貸金業を営む場合、財務大臣に対しての申請が必要となります。
こうして、番号が審査のうえで配布されます。

【貸金業者登録番号】は、三年ごとに更新の必要があります。
たとえば、「岐阜県知事(3)第999999号」は、カッコ内の数字が更新回数を表します。
で、【(3)】というのが、6年以上9年以下というふうにわかります。というのも、最初が【(1)】で、更新するごとにひとつずつ増えていくからです。

この「貸金業者登録番号」については、当該官庁に連絡して確認できるほか、金融庁の【登録貸金業者情報検索入力ページ】にいっても検索して確認することが可能です。